違う?レインコートとゴアテックス素材の利点

登山はいつ天気が崩れるか分かりません。雨具と言ってもレインコートだけで平気?それともゴアテックス仕様のレインコートの方が良いのか利点を確認!

 

登山とレインコート

レインコート

※上記写真は、以前紹介したキャメルバックの時のものです。レインコートを着ています。

やはり雨凌ぎにはレインコートがあると助かります。御嶽山の時も多くの登山客がレインコート等を着ていた映像を見たことを覚えていますか?灰を凌ぐためにも少なからず役立っていました。例え初心者向けの山とは言えど、準備は必要。では早速確認していきましょう。

 

レインコートの難点

今までジョギングにも登山にもレインコートをアウターとして利用していました。
しかし当たり前かと思っていたのですが、レインコートの特性を知ることは重要とかんがえます。

標高高いところでは容易に着替えが出来ないからです。
また体温調節はとても重要なこと。

そこでこのレインコート。
雨を防ぐということには優れていますが、通気性には弱い点があります。
知っていましたか?

レインコート内側の濡れ

これは困ってしまいました。
ジョギングの時は汗をかいて当たり前かと思っていたのですが、走っていて気持ちの良い感覚ではありません。
またレインコートはメーカーは使用素材により、ゴアゴアとする少し厚めの素材もありますね。

それが登山にも同様に影響があるのです。

  1. レインコートの内側が直ぐにびしょ濡れ。
  2. 動きにくい。

びしょ濡れ=体温低下=風邪のもと
(※汗のかきかたは個人差があります。)
これでは大変だと考えたのがこちら↓

(次ページへ続く:ではゴアテックス素材のレインコートはどうなのか?)