TEDZUの失敗(滑落事故)から学ぶ4つの雪山富士山の注意点

TEDZUの失敗(滑落事故)から学ぶ4つの雪山富士山の注意点

雪山富士山で滑落事故

この記事は雪山登山をする際にやってはいけないという教育のためにまとめました。10月末に雪山富士山山頂でニコニコ生でライブストリーミングをしていた雪山知識と経験のない男性 TEDZU氏の が滑落してしまったニュースから今後同様の過ちを起こさないようにと願って。 加えて、動画を見たところによるとこの男性は、山好きで動画を生配信していたというよりは、ただ動画のビューがほしかっただけで山に感謝することをしていない登山や自然に無知な人だったように思えます。 日本一高い山である富士山であるにも関わらず、この男性の登山ギア(装備)から明らかに経験が乏しいことがわかり、そういった悲しい男性についてネットに流れてしまって人生を終えるというのはなんとも悲しいものです。 富士登山とはいえど、夏山と冬山では昼と夜のように全く違う顔を見せる富士山。夏山富士登山は正直簡単です。 私も12歳の頃に親戚と夏山に登りTシャツに靴という軽装でも問題なく登ることができました。また登山道も見えます。たとえ曇っていたとしても、景色は見えずとも岩だらけの山をひたすら登っていけば山頂に行くことさえできるのですから。ただ夏山は誰でも登れるということで非常に混雑し、ディズニーランドの行列のごとく長い列を待ちながら登るという人気山ならではの残念な光景を目にすることもあるのも観光地ならではかもしれませんが、冬山は一変して表情を変える危険な山でもあることを知っておくべきなのです。 冬山は冬山の装備が非常に重要です。というのは雪は天候によって様々な形になり、表面で見える形と表面では分かりにくい危険な箇所もあるからなのです。 このニコニコ動画を生配信していた「 Tedzu 」 さんは動画をよく見てみると分かりますが、どうみても冬山初心者であることが分かります。地上では10月といっても最近まだ半そでや薄い長袖でも過ごすことができますが、日本一の山富士山はそうはいきません。特に登る前の経験や知識が問われるのが冬山です。 では動画映像から滑落までを分析してみましたので、何が悪かったのかをチェックしていきましょう。  1つ目の失敗:間違った靴  見た感じ登山靴ではない感じがします。もし登山靴だとしても何かが足りません。何だと思いますか?そうです「アイゼン」を靴に装着していません。これでは雪の上でも滑ると言っているわけですし、写真をみても靴底に歯が一切見えないはずです。  この下の画像ですが、足元から靴下のような白い色がみえますが、どうみても冬山用の靴下を履いていないようにも見えます。ウールの厚手でも寒い雪山富士山、これでは凍えます。  2つ目の失敗: ピッケル はない この Tedzu さんはトレッキングポールだけを持って雪山を歩いていたのです。こういう時は万一のためにトレッキングポールではなくピッケルを装備するべきでしょう。この時点だけでも知識と経験に欠けていることが分かります。  また名の知れない安いトレッキングポールを使っていたようですね。命を守るギアですから安いもの、特に雪山を甘くみてはいけません。  もし雪山に登るなら、ピッケルを持ってトレーニングをしましょう。万一の際に、山の斜面に引っ掛ければ滑落してもある程度のところで止ることもできるのです。この Tedzuさん、ピッケルというもの自体しらなかったにちがいありません。  バス酔で気分悪いもう帰りたい — [email protected]なら50日で痩せられるキャンペーン (@TEDZU_law) 2019年10月28日 3つ目の失敗:生配信することだけに集中していた  こちらは滑落した際に、飛んでいったiPhoneです。  動画内では、撮影することや手の感覚がないことだけに気がとられていたことがこの大きな過ちである滑落に繋がったに違いありません。しかも滑ると言っていたエリアは影になっていた上に30度くらいの斜面だったのですから。  しかもカイロを持っていなかったという点でも落ち度があります。 こちらの写真はバッグと一緒に落ちたモバイルバッテリーのようなもの。生配信の際に使っていたのかもしれません。 山頂 pic.twitter.com/O9FpBmeCnB — [email protected]なら50日で痩せられるキャンペーン (@TEDZU_law) 2019年5月27日 5月に富士山に登ったようですが、自然はそう甘くはありません。雪の量も5月と10月では大きく異なるのです。 スマホを手に持ち、手が悴んで後半に手袋をはめていましたが時すでに遅し。スマホ操作をしたかったのでしょう、素手で行っていたのは痛い行為でもあります。  4つ目の失敗:単独行動 必要な冬ギアがない上に、単独行動していたというのは彼の失敗でもあります。また冬山に絶対入山してはいけないという法律はありませんが、自己責任となります。 この左側の紐のようなものは、きっと生配信のためにiPhoneとモバイルバッテリーなどを繋いでいた線かもしれません。ただもし Tedzuさんがハーネスなどを登山していたロープなどに引っ掛けていたら命は助かっていた可能性は非常に高かったでしょう。 もし雪山に登る際は、経験者やプロ登山者と登るべきでしょう。例え夏山だけでトレーニングをしていたとしても、雪山では感覚が全く異なります。合わせて適切な登山装備をすること、そして経験をしっかり積むことが大事なのです。

超超超GIGAMAXから学ぶ:テントでしてはいけないこと

超超超GIGAMAXから学ぶ:テントでしてはいけないこと

超超超GIGAMAXの大きなやきそばが話題ですが、あのCSから学ぶこと、テントでしてはいけないことがあること知っていますか? テント内での火の取り扱い そうなのです。の大きなやきそばを食べるためにテントの中でバーナーを使ってお湯を沸かしていますが、これとっても危険なこと。 テントはテントでも、自分たちは中にいてもよいですが、お湯を沸かすときは、テントの出入り口でファスナーを開けて外で行うことが危険予防になります。 火事も危険 一酸化炭素中毒も危険 爆発の危険 など どうしてCM担当者などはそういった点をきちんと調べないのでしょう。山やキャンプには絶対してはいけないこと。守りましょう。子どももまねしてはいけません!!

テント泊腰痛予防快適に過ごすためのマット

tent mat

夏真っ盛りキャンプでテント泊を楽しむ人も増えてきていますが、腰が痛くなって困るキャンプにあのマットを使っていきましょう。   テントを張れば良い? テントを張るのは意外に面倒。 しかしとりあえずテントさえ張ってしまえば快適にテント泊が楽しめると思ったらそれは間違い。というのはテントを張っても張った場所により心地よく眠りにつけるか起きたら体中が痛い状態ということも少なくない。 テントを張る場所を選ぶ パッと見た目は平らで芝生があるようなキャンプ場でも横になったときに最高な眠りにつけるかは疑問だ。 草が生える場所は土が少し盛り上がっていたり、石ころがあったり、段差があったりと色々な状態になっているからだ。 天候の予想とテント 山の天気は変わりやすい。 これは常々言うことでもあるので、レインギアは必須であるとともにテントがあるから大丈夫ということも言い切れないのがキャンプの醍醐味かもしれない。というのは、天気が良いときは気にしなくても雨が降ることでテントの底の部分と自分の寝床の状態はどうなるかということを確認することだ。 これをしていないと、熟睡していても荷物から底にあるもの、また自分も雨が降ったことによりテント底に水が流れてきて濡れてしまうというもの。 だからテント泊にはこれをもっていくと便利ということを知っておいて欲しい。 腰が痛くなって、体が冷えたというダブルでの被害は防ごう。   軽量でそこまで幅は取らないくらいのマット 折りたたみ 極厚 レジャーマット メーカーにより若干固さは異なるが、これがあるのとないのでは大きく違う。 マットがあって横になるのと何もないテント床に寝そべるのでは、家のベッドと比べればもちろん家の方が最高な寝心地を得られるが、最低限山の中でもそこそこ心地よく眠りに付くことができるのだ。 また先ほどいった雨の際も、万一雨水がテントに流れてきても相当な大雨でない限り自分が濡れることは予防できる上に、下からの雨による冷えも防げる。 キャンプマットは、ロール型またはアコーディオンのように折りたたむタイプ2種類があるので自分にあったものを選んでみよう。

川の水は飲める?飲めない?

水を消毒

子供も大人も川で遊ぶ夏の季節。また季節関係なく、キレイな川は美味しそうに見えるのは自然の魅力の1つかもしれませんが、本当に水は飲んでも大丈夫なのでしょうか?   川の水を飲む危険性 山から流れてきているから大丈夫だろう。 そういった勝手な思い込みは危険を招きます。キレイに見える川水でもバクテリアは沢山いる可能性はあることを知る必要があります。 またどうしてもという時、サバイバルとして緊急事態の際にバクテリアを殺して水を飲めるようにするという便利な浄水グッズ(UVで水を殺菌)も確認しておくと万一の際に安心です。 登山ハイキング中川の水を飲まない理由詳細 【関連情報】 登山で子供もいつでも水分補給ができる工夫 飲水フィルターが命を救う。9日後に日本人女性救出@シエラネバダ

登山で子供もいつでも水分補給ができる工夫

登山やアウトドアシーズン真っ只中、子供やパートナーのための水分補給ケアはできているだろうか?手軽でカッコイイグッズは持参できている?   日本ではまだまだ馴染みのないキャメルバック。しかし海外では子供ですらキャメルバックを背負っているのがなかなかカッコイイ。 子供も山で上手に水分補給 従来は鞄を背負って、更に水筒を取り出して、ゆっくり水を飲んでというのが当たり前のようだったが、今は違う。 父親と子供親子で登山 良い父親だなと感じたのは、海外で登山に参加したとき。 南国というと海を連想しがちだが、地元の人も参加する登山&歴史ツアーに参加をした時のこと、あまりのCamekbakユーザーの多さに驚いたのだ。 迷彩系、軍隊でも使用しそうなデザインのCamelbak 子供も背負うキャメルバック 世界中から登山やハイキングに参加 アメリカ、オランダ、ドイツ、韓国など色々な国の登山者がいる中、やはり目立ったのはキャメルバック愛用者。 場所をとらない 重くない(ほぼ水の重量のみ) 片手で少しチューブを触るだけで水分補給できる 手入れも簡単 子供と大人と荷物を分担 このときの登山では、小学一年生くらいの男の子と父親のペア。 お父さんは子供の分の荷物と自分用のCamelbak 子供はキャメルバックのみ背負う この方がわざわざ父親に「お水を飲みたい。」と言わずとも自分が飲みたいときにササッと水分補給ができる。 また万一父親と離れてしまっても、最低限の水分補給ができるので、脱水症状でフラフラになったりということが予防できるので賢い方法だと感じたのだ。 もちろん私たちは日本からCamelbakを持参していったので水分補給に関しては問題はなかったが、 知らない土地や詳しくない山などでは多めに水などを飲み物を確保することをぜひおすすめしたい。 多めの水分持参 夏や常夏の土地での登山やハイキングで例え簡単なコースを選んだとしても500mlだけの水筒では足りない。 後半持参しているパックの中の水分が多ければ捨てることもできるのだから、足りないより多い方がよい。 登山中の川で飲めるだろうという考えは危険に近いことも忘れてはいけない。 こども同様、女性がこうしてキャメルバックを背負っているのもオシャレだ。 季節や場所を選ばず軽量なこういった新型水筒パック。1つはあっても損はないはず。  

初心者登山準備に必要な持ち物確認

初心者山持ち物

初心者登山ブームが起こって数年が経過しますが、登山中の事故も多くなってきている様に感じます。登山は日常的な街で過ごす環境とは異なりますが、それらを知らずに軽装で登山をすると危険が沢山起こりえるのです。   そこでJapanhike.comのサイトにてできる限りの登山にあると便利なグッズをご紹介していきたいと思います。 登山靴も購入してすぐに登山をするのも一般的によいとは言えません。 理由はこちら。 またヘッドライトも日帰り登山であっても万一のことを考えると1つ持参しているのとそうでないのでは、大きな差が出ます。 こういった初心者から中級者向けの登山に必要なアドバイスを今後もご提供できますのでよろしくお願いいたします。