寿命が伸びる!登山靴手入れ方法

せっかく買って疲れた登山靴をいつも美しく手入れして長持ちさせたい。毎回気持ちよく履くための自宅で出来る簡単なコツをご紹介。

 

使用する登山靴

SalomonQuest4DGTX
今回はSalomon Quest 4DGTXの登山靴を使用して手入れします。
素材がゴアテックスの為、手入れでも充分に注意が必要な箇所もあります。

サロモンおすすめはこちら

注意:登山靴の種類により手入れする方法も若干異なるため、靴の性質などをご確認の上ご覧ください。

登山靴手入れで準備するもの

  1. 登山靴
  2. ブラシ
  3. 砂利を取り除けるもの(マイナスドライバーのようなもの)
  4. NIKWAX(ニクワックス) (防水ローション)




登山から帰宅後

登山から帰ると疲れたー!とただただ楽になりたいと思いがちですが、本気で長持ちさせたいのであれば、出来るだけ早く手入れをすることは大切です。

まずは砂ぼこり、汚れや小石を取り除きましょう。
それから購入時や購入後数回後は防水効果も元々ある登山靴もありますが、使っているうちに自然と防水効果も衰えます。そういう時は防水ローションで補強も大切です。

山により登山口に洗い場

日光男体山等山によって登山口に靴を洗う場所があります。
そこで山の神聖な土を洗い落としてから、お帰りくださいという山を守る大切なお清め場もあるので表面や靴底等洗える時に洗うということもあります。これも山マナー。

靴底の小石や汚れ

靴底の小石や汚れ
登山ブーツは山によって小石がよく靴底に挟まることがあります。
LEATHERMAN(レザーマン) を使っていますが、なければマイナスドライバー等できれいに掃除をしておくと簡単に

次ページへ続く:●●箇所の掃除はできていますか?登山靴の長持ちのコツ!)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here